核シェルター 値段

核シェルターの基礎知識

核シェルターの値段は?メーカー各社の販売価格と購入時の注意点

「家庭用核シェルターはいくらで買える?主要メーカーと価格が知りたい!」

核シェルターの必要性から選び方、設置方法まで、情報が散らばっていて迷ってしまうことでしょう。

この記事では、核シェルターの概要、種類と特徴、購入する際の注意点、各メーカーの製品と価格、設置方法と設備などを解説します。

核シェルターは予想よりも安く購入できる場合があり、早めに比較検討して大切な家族を守る環境を整えましょう。

家庭用核シェルターの概要と必要性

核シェルターとは何か?

核シェルターは、その名の通り核攻撃や放射能漏れから人々を守るための施設です。

具体的には、核爆弾の爆風や放射性物質、放射線に対して耐性を持つ設計がされています。

重要なポイントは、その耐放射線性と密封性で、内部にいる人々が外部の危険な環境から完全に遮断されるようになっています。

また、長期間の滞在を可能にするために、食料や水、医療品などの備蓄も必要です。

一部の核シェルターでは、外部との連絡手段や発電装置なども装備されています。

ただし、その設計や機能性は建設目的や費用、使用者のニーズにより大きく異なることも特徴的です。

例えば、一部の家庭用核シェルターは地下に設けられ、生活スペースを最小限に抑えつつ必要最低限の機能を備えたものもあります。

このように核シェルターは、非常時における生命保護の最後の砦と言える存在となっています。

実際の核攻撃はもちろん、原発事故などの放射能漏れ事故時にも活用される可能性があります。

家庭用核シェルターの重要性

家庭用核シェルターの存在は、非常時における家族の安全確保に重要な役割を果たします。

まず、核攻撃や放射能事故の際に近隣の避難施設への移動が困難な状況でも、自宅に備えたシェルターならばすぐに安全な空間に移動することができます。

さらに、適切な設計と備蓄物資があれば、長期間の生活も可能となります。

つまり、外部の危険な状況が収束するまでの間、安全に生活を続けることが可能です。

また、一部の家庭用核シェルターは、一般的な災害時の避難場所としても利用できます。

地震や洪水などの自然災害、火災などの事故時にも適切な避難場所となるため、万全の備えとしての役割も果たします。

このように家庭用核シェルターは、いつ何が起こるか分からない現代社会において、家族の生命を守る最終防衛ラインとしての重要性を持つのです。

日本における核シェルターの普及率

核シェルターの普及率について語るとき、日本は他の国と比べて特異な状況にあります。

日本は地震大国であり、自然災害に対する備えが求められます。しかし、核シェルターの普及率はそれほど高くありません。その理由は、核シェルターの設置には高額な費用が必要であり、また、日本の住宅事情や土地の狭さから、設置が難しいという現実があります。

また、日本の核シェルターは主に公共施設や大規模なビルに設置されています。個人の家庭での設置はまだまだ少ないのが現状です。

しかし、近年では北朝鮮のミサイル問題などを背景に、核シェルターへの関心が高まっています。そのため、今後の普及率の動向に注目が集まっています。

以上が日本における核シェルターの普及率についての概要です。核シェルターの必要性と現状、そして今後の動向について理解を深めることで、より安全な生活を送るための一助となることを願っています。

 

核シェルターの種類と特徴

地下に埋め込むタイプの特徴

地下に埋め込むタイプの核シェルターは、鋼鉄製の外壁板と補強板で囲まれた箱型構造を地中に埋めることで、外気から完全に遮断された安全な地下空間を作り出します。

このタイプのシェルターは、外気を完全に遮断することができるのが特徴です。これにより、核物質や化学兵器による汚染から保護することが可能です。また、米軍規格の空気清浄機により、汚染された空気から有害物質を除去して取り込むことができます。

さらに、折り畳みベッドとソファが設置されており、避難時の疲労を軽減することができます。また、床下収納を利用して、水や食料、電池、照明、寝具、非常用トイレ、マスク、衣服など、避難生活に必要なものを安全に保管することができます。

これらの特徴により、地下に埋め込むタイプの核シェルターは、安全な避難場所として高い機能性を持っています。

地上に作るタイプの特徴

地上型の核シェルターは、その名の通り地上に設置するタイプの防災施設です。その特徴は、地下型に比べて設置が容易で、コストも抑えられる点です。また、地震などの自然災害による被害を受けにくいという利点もあります。しかし、その一方で、核攻撃の直接的な影響を受けやすいというデメリットも存在します。そのため、設置場所の選定や、シェルターの構造には十分な配慮が必要となります。

以上、地上型の核シェルターの特徴について簡単にまとめました。詳細な情報については、専門家の意見や、具体的な設計図などを参照することをおすすめします。

屋内(リビング等を)核シェルターにするタイプの特徴

屋内(リビング等)を核シェルターにするタイプの特徴は、その設置の手軽さと機能性にあります。

まず、既存の部屋を利用するため、新たに土地を確保する必要がありません。これにより、設置場所の選択肢が広がり、都市部でも導入が可能となります。

また、リビングや寝室など、日常生活で使用する部屋をシェルターにすることで、非常時でも生活の質を維持することができます。シェルター内部は、防護服や食料などの備蓄スペースとしても利用可能です。

さらに、このタイプのシェルターは、放射線防護や耐震性など、安全性に優れています。これらの特徴により、屋内型の核シェルターは、安心して生活を続けることができる避難場所となります。

以上、屋内(リビング等)を核シェルターにするタイプの特徴について説明しました。これらの情報が、シェルター選びの参考になれば幸いです。

 

核シェルター購入する際の注意点

ニーズや予算に合った商品を選ぶ

核シェルター選びは、まずニーズと予算に応じた商品を選ぶことが大切です。

それぞれの核シェルターは設置スペースや耐久性、機能性などが異なり、それらは価格に大きく影響します。

住環境や家族構成を考慮し、どの程度の広さや設備が必要か、また、何を優先すべきかを明確にしましょう。

また、想定する緊急事態の種類や持続時間により必要な設備も変わります。

それらを踏まえ、あらかじめ予算を設定することで適切な製品選びが可能となります。

ただし、安全を確保するためには一定の品質が必要で、あまりに安価な製品は品質が低い可能性もあります。

そのため、予算設定は慎重に行い、安全性を損なわない範囲での経済性を考えることが重要です。

適切なタイプのシェルターを選ぶ

核シェルター選びでは、適切なタイプのシェルターを選ぶことが肝心です。

基本的に、核シェルターは地下に埋め込むタイプ、地上に設置するタイプ、そして屋内を改造するタイプの三つに大別されます。

各タイプにはそれぞれの特性とメリット、デメリットがあり、自宅の土地条件や構造、ニーズによって適切なタイプが変わります。

例えば、地下タイプは放射線防護能力が高いですが、設置には大規模な工事が必要です。

地上タイプは設置が容易ですが、視認性が高いため周囲の理解を得る必要があります。

屋内タイプは既存のスペースを利用できるメリットがありますが、耐震性や防音性に制限が出ます。

これらを考慮し、自分のニーズに最も適したタイプの核シェルターを選択しましょう。

信頼できるメーカーから購入する

核シェルターを選ぶ際には、信頼できるメーカーから購入することが重要です。

品質が確保されていることはもちろん、信頼性やアフターサービスも考慮する必要があります。購入する前には、メーカーの評価や実績、品質管理の体制をしっかりと調査しましょう。

また、メーカーによっては特殊な技術や設備を使用している場合もあるため、それらが自身のニーズに合うかどうかを確認することも大切です。

なお、信頼できるメーカーは、シェルターの設置からアフターケアに至るまで、一貫したサポートを提供します。

安全を確保するためにも、信頼できるメーカーから購入することをお勧めします。

必要な設備や機能を検討する

核シェルターを選ぶ際は、必要な設備や機能を検討することが重要です。

シェルターには、食料品や水、生活必需品を保存するためのスペースが必要です。また、電力供給装置、換気システム、放射能対策装置などの設備も不可欠です。

さらに、生活を快適に過ごすためには、トイレ、ベッド、調理設備なども必要になります。

それぞれの設備や機能は、シェルター内での生活時間や人数、シェルターの大きさなどにより変わるため、それらを考慮した上で選択しましょう。

以上を踏まえ、ニーズに合わせた設備や機能のあるシェルターを選ぶことが必要です。

アフターサービスを確認する

核シェルターを選ぶ際には、アフターサービスを確認することも重要なポイントです。

シェルターは高価な商品であり、長期間にわたって使用することを想定しています。そのため、メンテナンスやトラブル対応などのアフターサービスが充実しているか確認することが大切です。

具体的には、保証期間や保証内容、修理の手続き方法、コールセンターの対応時間などを調査しましょう。また、シェルター設置後のメンテナンス費用も忘れずに確認してください。

アフターサービスがしっかりしているメーカーから購入すれば、トラブルが発生した際にも安心です。

 

核シェルターのメーカーと商品の値段

ワールドネットの製品と価格

ワールドネットインターナショナルは、日本で唯一の核シェルター専門メーカーとして、多種多様なシェルターを提供しています。

壁に取り付けるタイプ、室内に置くタイプ、庭に置くタイプ、地下に埋めるタイプなど、あらゆる場所に対応する核シェルターを取り揃えています。

また、ワールドネットのシェルターは、最速1.1秒〜6.2秒で完全に陽圧化することが可能です。これは、Jアラートが鳴ってから4分以内に核シェルターに逃げ込んで「完全陽圧」しなければ意味がないという事実を考慮した結果です。

さらに、ワールドネットは、4WAY、5WAY、6WAYのシェルターを日本で初めて開発した企業であり、放射性物質除去、生物兵器除去、化学兵器除去、耐震機能、高気圧酸素、低圧酸素トレーニングなど、多機能を一台で装備した製品を提供しています。

具体的な製品としては、「レインボー72R」(部屋設置型)、「WNI-FS」(大型施設用)、「最後の砦」(室内設置型未来型鉄壁防空壕)、「令和の要塞 サバイブ(5000/7000)」(地上・地下埋設型)などがあります。

価格については、公式ウェブサイトに記載がないため、具体的な金額は不明です。詳細な情報や見積もりを得るためには、直接ワールドネットに問い合わせることをおすすめします。

直エンジニアリングの製品と価格

直エンジニアリング株式会社の核シェルターは、その高品質な製品とサービスで知られています。

同社のシェルターは、防災に特化した設計が施されており、安全性と信頼性を重視しています。また、同社はお客様からの質問や要望に対して、迅速かつ丁寧に対応しています。これにより、お客様は自身のニーズに最適なシェルターを選択することができます。

具体的な製品の詳細や価格については、公式ウェブサイトに記載がないため、具体的な情報は不明です。詳細な情報や見積もりを得るためには、直エンジニアリングに直接問い合わせることをおすすめします。

以上、直エンジニアリングの核シェルターの特徴と価格について簡単に説明しました。これらの情報が、シェルター選びの参考になれば幸いです。

シェルタージャパンの製品と価格

シェルタージャパンは、防災シェルターの開発と販売を行っている企業です。

同社の製品ラインナップには、地上設置型核シェルター、トレーラー型シェルター「マモリアス」、クローゼット型津波シェルター、室内設置型核・耐震シェルターなどがあります。これらの製品は、それぞれ異なる特性とメリットを持ち、設置できる場所も様々です。

特別割引価格で提供されているとのことですが、具体的な価格については公式ウェブサイトに記載がありません。詳細な情報や見積もりを得るためには、シェルタージャパンに直接問い合わせることをおすすめします。

以上、シェルタージャパンの核シェルターの特徴と価格について簡単に説明しました。これらの情報が、シェルター選びの参考になれば幸いです。

三山テクノスの製品と価格

三山テクノスの核シェルター「AEGIS」は、安全性と快適性を兼ね備えた最先端の防災設備です。

その特徴は、放射線を遮断する特別な壁材と、長期間の生活を可能にするための設備が整っています。壁材は、放射線を99.9%遮断。内部には、食料や水、トイレなどの生活必需品を備え、最大20人が1ヶ月間生活できるスペースを確保しています。

また、地震や風水害にも対応。外部の災害から居住者を守ります。

価格は、設置場所や規模により異なりますが、一般的には数千万円からとなっています。詳細は、三山テクノスの公式ウェブサイトでご確認いただけます。

これらの特性から、三山テクノスの核シェルター「AEGIS」は、災害時に最高の安全を提供します。

アンカーハウジングの製品と価格

アンカーハウジングの核シェルターは、安全性と快適性を兼ね備えた施設です。

最大の特徴は、地震や津波、さらには核攻撃からも身を守ることができる耐震・耐津波・防災機能です。これは、特殊なコンクリートと鉄筋で作られた壁と床、そして厚さ30cmの鉄扉によって実現されています。

また、生活に必要な設備も充実しています。飲料水タンクや非常食、トイレ、寝具、そして発電機など、長期間の生活を支えるための設備が整っています。

価格については、基本的なモデルであれば約2000万円からとなります。ただし、オプションを追加すると価格は上がります。

これらの特徴と価格を考慮に入れ、アンカーハウジングの核シェルターは、災害に備えたいと考える人々にとって、非常に魅力的な選択肢と言えるでしょう。

以上、アンカーハウジングの核シェルターの特徴と価格についての情報でした。

シェルタープランニングの製品と価格

核シェルターは、万が一の事態に備えるための避難場所として、世界的に注目されています。特に、日本の核シェルター普及率はわずか0.02%と先進国の中で最低水準です。核シェルターには「地下タイプ」「地上タイプ」「屋内タイプ」の3種類があり、それぞれの特性により適した設置場所や利用者が異なります。

人気の核シェルターメーカーとしては、「アンカーハウジング」、「シェルタープランニング」、「織部精機製作所」が挙げられます。それぞれのメーカーが提供する核シェルターの価格は、アンカーハウジングの「ボムネード」が1,800万円、シェルタープランニングの地下設置型が坪当たり約100万円から、織部精機製作所のスイス製空気清浄機VA-40が198万円となっています。

核シェルターは、200万円程度から設置することができ、万が一の時のリスクを回避できます。注文住宅を建てる際には、核シェルターの設置を検討してみても良いと思います。

織部精機製作所の製品と価格

織部精機製作所の核シェルターは、北朝鮮のミサイル実験に対する日本国内の需要増を受けて、その売り上げが急増しています。

この核シェルターは、放射性物質を排除する空気清浄機も備えており、安全性に優れています。

また、織部精機製作所の製品は、その品質と信頼性から多くの顧客から支持を受けています。

価格については、詳細な情報は公開されていませんが、その価値を考えれば十分に納得できるものとなっています。

以上、織部精機製作所の核シェルターの特徴と価格についての情報でした。

 

核シェルターの設置方法と設備の注意点

核シェルターのタイプ別の設置方法と施工費用

核シェルターの設置方法と施工費用について、3つの主要なタイプがあります。

地下タイプは、新築時に設計に組み込むか、庭を掘って設置します。最も安全とされています。

地上タイプは、自宅の庭や母屋に併設します。階段を使用しないため、車椅子や高齢者も利用しやすいです。

屋内タイプは、家の一部屋を核シェルターにします。リビングなどをコンクリートで強化し、ドアは核シェルター用、窓は強化ガラスにします。既存の家に加工でき、比較的安価に施設を準備できます。

各タイプの施工費用は、地下タイプが最も高く、屋内タイプが最も低価格です。具体的な価格は、地下タイプが1,800万円、地上タイプが1,500万円から、屋内タイプが200万円からとなっています。

これらの情報を元に、自分の家に最適な核シェルターを選んでみてください。

コンクリートとドアの強度

核シェルターのコンクリートとドアの強度について説明します。

核シェルターの壁は、通常、コンクリートで作られています。その厚さは、放射線を遮断するために1メートル以上必要とされています。また、ドアは重要な部分で、放射線を防ぐために鉄製で、厚さは通常30センチメートル以上です。

これらの厚さは、核爆発の衝撃波や放射線から人々を守るために必要な最低限のものです。しかし、シェルターの設計や材料は、地域の状況や予算により変わることもあります。

以上が、核シェルターのコンクリートとドアの強度についての基本的な情報です。詳細な情報を求める場合は、専門家に相談することをおすすめします。

設置場所と地盤の検討

核シェルターの設置場所と地盤は、その安全性や利便性に直接影響します。設置場所は、住居からのアクセスや周囲の環境、地元の規制等を考慮します。建物の地下、庭、駐車場などが選ばれますが、専門家のアドバイスが必要です。

また、地盤はシェルターの安定性に大きく関わるため、地質調査が必要となります。土壌の種類、地盤の強度、地下水位などを調査し、最適な設計と施工方法を決定します。地盤が弱い場合は、地盤改良が必要となる場合もあります。

空気清浄機(ろ過装置)

核シェルター内の空気清浄は、滞在者の生命を守る重要な要素です。そこで、特別な空気清浄機やろ過装置が必須となります。

その主な役割は、外部からの汚染物質、例えば放射性物質をフィルタリングすることです。さらに、二酸化炭素の排出を制御し、新鮮な酸素を供給します。通常、手動と自動の二種類の操作方式があります。電力が失われた場合でも、手動で稼働させることができます。

また、定期的なメンテナンスとフィルターの交換が必要で、これらは使用頻度と滞在者の数によります。適切な運用とメンテナンスで、シェルター内の安全な環境を維持します。

電源と緊急用具

核シェルターの電源と緊急用具について解説します。

まず、電源です。非常時には外部からの電力供給が途絶える可能性があります。そのため、バッテリーや発電機を備えて自己完結型の電源を確保することが重要です。

次に、緊急用具です。非常食や水、医療品、防寒具などの生活必需品はもちろん、放射線測定器や防護服などの特殊な用具も必要となります。

これらの設備を整えることで、核シェルターは安全な避難場所となります。適切な準備をして、いざという時に備えましょう。

 

核シェルターの歴史と実例

湾岸戦争での家庭用シェルターの利用

湾岸戦争時、家庭用シェルターの利用が注目されました。

この戦争は、1990年から1991年にかけて行われ、イラクと連合国との間で戦われました。この戦争の特徴の一つは、イラクがスカッドミサイルを使用したことです。これは、一般市民に対する攻撃を可能にしました。

その結果、家庭用シェルターの需要が急増しました。これらのシェルターは、ミサイル攻撃から一般市民を守るために設計されています。通常、地下に設置され、厚いコンクリートや鉄で作られています。

しかし、これらのシェルターは完全な安全を保証するものではありません。スカッドミサイルの破壊力は非常に高く、シェルターが直撃を受けた場合、その中の人々は生き残ることが難しいかもしれません。

それでも、シェルターは一般市民にとって最善の防衛手段であり、湾岸戦争はその価値を証明しました。

九州での家庭用核シェルターの発売

鹿児島市の住宅メーカー・株式会社七呂建設は、2017年11月に九州で初めて家庭用核シェルター「ピースルーム」の販売を始めました。

このシェルターは、アメリカのアトラス・サバイバル・シェルターズ社の製品で、日本への輸出は七呂建設が初めてとなります。

ピースルームは地下4.5メートルに設置され、重さ8トンまで押し上げることができるパワージャッキ、空気清浄機、2段ベッドとソファベッドなど、有事対応の設備が充実しています。

価格は1,500万円からで、発売開始から半年で300件ほどの問合せや見学があったとのことです。

シェルターは防音効果が高く、温度が一定しているため、普段はスタジオやゲストルーム、ワインセラー、金庫、物置などにも活用できます。

七呂建設は、地域の皆さまを守りたいという思いで核シェルターの取り扱いを始め、今後も展開を進める予定です。

 

核シェルターのよくある質問

核シェルターの最低費用はどれくらい?

核シェルターの設置費用は、その規模や機能によりますが、最低でも約300万円からと考えられます。

これには、シェルター本体の価格、設置工事費、付属設備の費用などが含まれます。

また、地下に設置する場合や、より高度な防護機能を求める場合は、費用はさらに上がります。

しかし、これらの費用はあくまで目安であり、具体的な費用は専門業者に見積もりを取ることをおすすめします。

以上が、核シェルターの最低費用についての情報です。

自宅に合った核シェルターの選び方は?

自宅に合った核シェルターの選び方を解説します。

まず、シェルターのサイズを考えます。家族の人数や必要な生活用品を考慮に入れて選びます。

次に、設置場所です。地下に設置する場合、地盤の強度や水位を確認します。また、屋内に設置する場合は、耐震性や耐火性を重視します。

さらに、シェルターの機能も重要です。放射線防護、換気システム、非常食の保存スペースなど、生活を維持するための設備が整っているか確認します。

最後に、予算です。購入費用だけでなく、設置費用や維持費も考慮に入れて選びます。

以上のポイントを押さえて、自宅に最適な核シェルターを選びましょう。

防災用シェルターと核シェルターの違いは?

防災用シェルターと核シェルターの違いを説明します。

防災用シェルターは、自然災害などの緊急時に避難するための施設です。地震や洪水、火災などから身を守る機能があります。

一方、核シェルターは、核攻撃や放射能漏れの際に避難するための施設です。放射線防護機能があり、長期間の生活が可能な設備が整っています。

つまり、防災用シェルターは一時的な避難を目的とし、核シェルターは長期的な生活を支えることを目的としています。

これらの違いを理解し、自分のニーズに合ったシェルターを選びましょう。

カプセル型、テント型などの特殊なタイプの価格は?

特殊なタイプの核シェルターについて調査しました。

室内設置型のシェルターは、3.25畳以上の空き部屋があれば設置可能で、核兵器だけでなく、化学兵器や生物兵器にも対応しています。

このタイプのシェルターは、工事費込みで約1千万円前後となります。

また、部屋をシェルター本体にしてフィルター装置のみを設置する商品もあり、これは280万円(工事費は別途10万円前後)で、設置工事も1日で済みます。

さらに、特殊ビニールのテントにフィルター装置を備えた工事不要のテントタイプもあり、費用は320万円となります。

これらの価格はあくまで目安であり、具体的な価格は専門業者に見積もりを取ることをおすすめします。

 

まとめ

このブログでは、家庭用核シェルターについて詳しく解説しました。

まず、核シェルターの概要とその必要性について説明します。家庭用核シェルターの重要性や日本における普及率も触れました。

核シェルターとして、地下に埋め込むタイプ、地上に作るタイプ、屋内を核シェルターにするタイプなど、それぞれの特徴を詳しく解説します。

購入する際の注意点も重要です。ニーズや予算に合った商品の選び方、信頼できるメーカーの選び方、必要な設備や機能の検討方法、アフターサービスの確認方法などを説明します。

また、各メーカーの製品と価格も比較します。ワールドネット、直エンジニアリング、シェルタージャパンなど、各社の製品と価格を紹介します。

設置方法と設備についても詳しく解説します。設置場所や地盤の検討、空気清浄機や電源といった設備についても触れます。

最後に、核シェルターの歴史と実例、よくある質問についても解説します。核シェルターの最低費用や選び方、防災用シェルターとの違いなど、具体的な疑問に答えます。

これらの情報を通じて、核シェルターの選び方や利用方法について理解を深めていただければ幸いです。

-核シェルターの基礎知識